身体の骨

人間の骨格を使って、つまり骨に体重を預けて立つには、ゆらゆら「フルクラムシフト」を使って、体重を預け続ける必要があります皆さん物理的に考えてください。重い荷物を載せるために、しっかりした骨組みは左右にぶれず、安定しているというのが当然普通の構造物の考え方ですそして脚の数は3本、4本あるというのが理想的 脚は二本だとどうしても、力を使って立たないといけない力を使わないならまっすぐな状態で…

続きを読む

筋肉の柔らかさがなぜ重要?

皆さんスポーツをしていて、自分はどう身体に命令すればいいのか、わからないことはなかったですか?腕はこうして足はこうして身体の角度はこうだとか・・でも運動の法則やセオリーはあるにせよ、試合中にとっさに何も考えつかないですよね?野球で来た球に体が反応した。サッカーでFKただ思いっきり打ち込んだ動物だって生きるか死ぬかの瀬戸際で華麗な動きを見せて私たちを驚かしますしかし、ごく一部を除いてほとんどの人が…

続きを読む

身体の軸2(筋肉)

これはぷよぷよのキャラクター。魚人スケトウダラですなぜこれを登場したかというと、人間は皆、魚人だからですこれをご覧ください。魚がくねくね波動運動を行っています実はほとんど人間の体幹部はこの魚のクネクネ運動を行えるように同じ構造をしているんです。 そして魚から進化したということは、今の現代人のような体幹部を箱上に固めて腕と足で運動するのではなく、クネクネができる柔らかい体幹部をベースに、…

続きを読む